第2回 何読んでる? 気になる人の気になる読書・電車篇

 

20代半ばのSさん(アパレル勤務)とYさん(メーカー勤務)は高校時代からの気の合う女友達。40代のT氏(出版関係)はなぜか二人と気の合う飲み友達。3人の男女に「電車の中で本を読んでいる気になる人」についてお話を伺いました。

 

読書する人はステキか

 

本とモテについてのコラムなんですが、お話聞かせていただけますか?

 

T氏 僕としてはやっぱり「本を読んでるやつがモテる」っていう世の中になるといいですねえ。

 

Yさん モテるとは限らないけど、本を読んでると知的に見えるっていうのはあるよね。

 

Sさん この間電車でいい感じの男性がいたんだよね。イケメンじゃないけど清潔感があって…。

 

Yさん Sちゃんの好みっぽいね。

 

Sさん スーツはまあ普通でいいとして、ネクタイがギョッとするようなグリーンに白のドットでさ……。

 

T氏 うむ、ファッションには厳しいね。

 

Sさん でもね、その人、本を読んでたの。

 

T氏・Yさん ほう。

 

やっぱり読書している人はステキって思います?

 

Sさん 電車の中って、だいたいみんなスマホでゲームじゃないですか。そんな中で本を読んでたら、ちょっと関心がわくというか。

 

T氏 で、その人は何を読んでたの?

 

Sさん ちらっとのぞいたら、それが村上春樹の『1Q84』ハードカバーで。

 

T氏・Yさん えーー

 

Sさん でしょう〜〜

 

え?その「えーー」は、何の「えーー」なんですか?!

 

Yさん 村上春樹は「えーー」だなあ。

 

Sさん 読むなら『騎士団長殺し』じゃないんかい?って笑 しかも文庫じゃなくてわざわざハードカバー買ったの?って。

 

私は一瞬『1984』のほうかと思って、この人イイ!って思いましたが…。

 

Yさん あはは。好みの見た目、からのギョッとするネクタイ、からの本読んでる!、からの村上春樹で何段階オチなんだ、っていう話ね。

 

Sさんの通勤バッグには2冊の本が。最近ベランダのサボテンを枯らしてしまったというSさんは、近ごろ農に興味が出て来たとのこと。もう1冊は困ったときにめくるハウツー本。けっこう古いけれど事足りるそう。

 

読んでるだけじゃだめ。本の中身は?

 

T氏 この間、30才くらいのシックなコート着たお姉さんが、地下鉄でシュッと席に座って、サッと鞄から本を取り出したんだよね。おお、タイプだ…と思って、やっぱり何を読んでるか気になるよね。

 

Sさん・Yさん で、何の本だった?

 

T氏 余白が多くて、字が紫色とかピンクとかの……占いの本。それでちょっとガッカリした。。。

 

Yさん うーん、何がいけないんだろうね? 余裕がない感じがするのかな。

 

Tさん こんなにシュッとしてるのに、いっしょうけんめい占いを見てるの?っていう…

 

Sさん ただの暇つぶしかもね。石井ゆかりさんとか、しいたけ占いとか、おもしろいのもあるよ。

 

たとえばその人が何を読んでたら良かったですか?

 

Tさん 『夢十夜』かな。(即答)

 

Sさん・Yさん・私 ないない〜〜〜〜笑

 

好みの女性には『夢十夜』を読んでいてほしいT氏は乱読の平行読み。気分によって鞄の中に入れる本は違うそう。写真はもう1年くらいチビチビと読んでいるという本。カバーを外して読むタイプなんですね。

 

 

電車のなかで読んでいて欲しい本

 

T氏 電車乗ってて読書してる人がいると、つい何を読んでるか知りたくなるよね。

 

Yさん その人の見た目だけじゃなくて、内面までわかりそうだからかもね。

 

たとえばどんな本を読んでいたらグッときますか?

 

Yさん 私は自分が電車の中でスードクしかしないからな〜笑 案外おじさんが『クレヨンしんちゃん』とか読んでたら気になっちゃう。

 

Sさん うんちくたれそうな本じゃないほうがいいかな。『コンビニ人間』とか、ちょっとおもしろそうな小説がいい。

 

IQ84』がだめで『コンビニ人間』がいい、というニュアンスがいまいちわかりませんが笑

 

Sさん 話は少し変わるんだけど……。男友達がいい感じになってる女の子と本の話題で盛り上がったんだって。自分が読んだ本を女の子が興味もったから、今度貸すねって言ったら「あ、いい、Kindleで買うから」って。ガクッときたって。

 

Yさん うーん、文化の違いかなー。

 

T氏 わかる、彼は「本」を貸したかったんだよ……。

 

Sさん 自分が読んだ本はぜんぶ彼氏彼女にも読んでほしいっていう人もいるけどねー。

 

Yさん 本やCDを貸し借りするかどうかって、私たちの世代(20代)が境目かしれないね。

 

まだまだ本とモテをめぐるおしゃべりは続きますが、いろんな本のタイトルが出て来たのでリストアップして終わりとしたいと思います。どうもありがとうございました!

 

村上春樹『1Q84』『騎士団長殺し』

ジョージ・オーウェル『一九八四年』

石井ゆかり『3年の星占い』『星の交差点』他

夏目漱石『夢十夜』
臼井儀人『クレヨンしんちゃん』

村田沙耶香『コンビニ人間』

瀧井宏臣『農のある人生—ベランダ農園から定年帰農まで』

國分功一郎『中動態の世界 意志と責任の考古学』