第六回 「架空のモテ、妄想のゴール」

 

先週、身を切る思いでこの半生ひっかかってきた詐欺事案をゲロったんですが(是非とも前回分も読んでいただき、切り身になった私を見て欲しい)最近ではSNSを用いた国際結婚匂わせ金銭をせびり取る「国際ロマンス詐欺」とかいう架空のモテ詐欺が流行ってると聞き及びまして。

ハイクラスな外国のステキ異性がチラつかす「結婚」「交際」に、モテと人生のステイタスステージを数段飛びで一気に駆けのぼりたい男女が思わず食いついてしまった図にもみえて、またやり口も雑な感じなのが多く「なんでこんなのにひっかかったの」との声もやまない事案で。

でも私めっっっっっちゃひっかかる自信ある。

先週も言いましたが詐欺と判断できるのは、それだけの気力・体力・時の運がみなぎるお腹いっぱいの状態で可能なのであり、ちょっと落ちてる、身体と気力がひもじい、そんな時に狙われてしまったら自分をすくいあげてもらいたくて、すがってしまう自信ある。

騙される自信がある、というより自分の判断力に自信がない。そもそもそんなに自分を信じる事はできないといった方が近い。あとアメリカ空軍パイロットで大佐です言われて結婚を持ちかけられ、式の仲人は田中真紀子、司会はKONISHIKIとか言われたら食いつかずにはいられない。そういう人間でもある。(クヒオ大佐より)

 

だけどそれでも結婚は人生一発逆転のツールにはなり得ない、それだけは解っていただきたい、ほらラジオ電話人生相談もそう言ってる…。

 

 

「誰か私をここから連れ出して…」

 

 

飲み屋で知り合った男の子供を産んだが認知してくれずどう対応したらいいのかという20代歳未婚の母親。

 

 

「妊娠してる時、時間合わない忙しいって会えずにズルズルきてしまって、実家調べて連絡したんですけど母親が出てきて子供いる事自体全く知らないと言われてしまって」

 

「彼もやっと出てきてさすがにもう子供も生まれてるし、と思ったんですけど勝手に産んだんだろとしか言わなくて両親は息子に任せているので他に孫もいるのでその孫はもう別にいいですって」

 

「結婚してほしいなって気持ちより、結婚も後からでいいし、まず父親として関わってくれる事望んでいたのに怒って話も通じないような態度だったので、そんな結婚云々の話じゃなくて両親ともいい関係保ちたいなと思ってたし、実家に遊び行ったり無理なのかなって思ったり」

 

結婚してほしいってわけじゃない、ていうか今じゃなくていい、後からでもいい、の三段論法に結婚への執着オーラ大開放してる相談者。

 

「貴方が向こうのご家族と付き合いたいと思ってる気持ちはなんなんでしょうか?」

「子供にとっては父親だったり祖父母にあたるのでかわいがって貰えれば」

「それはすごく抽象的な話で父親・祖父母なんだから、しか理由がないですよね?要するに飲み屋で知り合った女と関係もってその一人が貴女だと、突然妊娠したと言ってきて付き合う気持ちもなかったのに困ってると息子から親もそう聞いてて、貴女の事をどう思われてどういう風に受け止めてるのかとか難しくなく想像つきますよね?」

 

容赦ない回答者…。

 

「子供いるからって、子供は特効薬でもなんでもないので今更冷たいとか両親が息子を諭してくれないとか希望してる事自体が間違った希望だと思いますよ?」

「親ならもっと子供に責任もって欲しかったとか、そこ期待して裏切られたって思っても、仕方がないですね」

 

 

結婚すれば、してくれれば、子供を産めば、子供を見れば、あの人はこうしてくれるはず、と勝手な妄想を相手に投影して、うまくいかない全てを解決してくれる日を待ってはいけない。そんな日は来ねえ。

 

結婚(受験や就職でもなんでもいいけど)はゴールじゃない、は目新しくもない表現ではあるけれど、あえていうならゴールにみえてしまう人にはそれはハードルに過ぎないし、越えても次にさらにでっかいハードルが据え置かれるレース仕様になってるしそもそもクリアしなくてはならないものでもない。

就職したら「でも結婚しないとねえ」結婚したら「子供産まないとねえ」産んだら「男の子がねえ」男だったら「一人じゃかわいそうねえ」何を産んでも「外孫なのよねえ」ってネバーエンディングストーリー実体験を今ここで絶叫ポエトリーリーディングしてその論を強化してもいい。蹴ッ倒せ。

 

だからくれぐれも結婚や子供に一発逆転ドリームを抱かないで背負わないで皆…。

私もひっかからないよう頑張るから…巡航中の空軍パイロットからメッセージきてもキュンめくハート、こらえるから…。

 

 

 

 

 

ナポレオンのメルマガに登録しよう!