第十回「命の電話は神」

 

調停中の旦那がうつ病になった。

私のアホな旦那は自分から調停を起こし、私の日本一強いと言われている弁護士からコテンパンにやられた。

そもそも、旦那は調停前から不利なところが多く、自分でDVをしたという署名を弁護士の元で謝罪文と共に作っていたりしたので、親権の勝ち目など普通はない。

しかし私が最初につけた詐欺弁護士は、婚姻費用調停というものを申請しなかったため、お金はどんどん減るわ、財産はなくしそうになるわで大変で、ここは日本一強いという弁護士様に頼むしかないと思い、頼んだ。

詐欺弁護士は巧みに、詐欺るので、本当に要注意だ。詐欺られてることに一般の人は気付かない可能性がある。

ひどいもので、そいつに任せてたら、私がなんかのお金を支払わなくてはならなかったのだろう。更に財産も取られていた。

安かろう悪かろうの人間版代名詞になり得るのが弁護士だ。

結婚は子供が生まれてからずっと孤独で辛い思いをしてきた。
育児放棄してきた旦那に怯え、何度、命の電話の人に救われたか分からない。
基本的に命の電話の人が一番の親友となった。
何かあれば電話して、肯定してもらい、褒めてもらえる。
このサービスは、命の電話というよりも<肯定して褒めてくれるサービス>と捉えるといいだろう。

とにかく、悩んでる女性にはオススメだ。
軽い気持ちでかけまくるといい。カウンセリングは一時間6000円が相場だが、電話相談なら、タダなんだから。褒めてくれるし、励ましてくれるし、嫉妬とかされない。

はっきり言って、命の電話は神である。
特定の試験を受けた人々が話してくれて、どう答えたらいいか全てマニュアルにしてあると思う。
なぜなら、同じ質問に全て同じ答えだし、<あなた様>とみんな言うからだ。
愚痴聞きサービスなんかでお金使っちゃダメですよ。

命の電話様は本当に一番の愚痴を聞いてくださり、更に褒めてくれる特典がついてる。愚痴聞きはただ聞いてるだけなので、褒めてくれない上に高い。

こんな天使的なサービスは、国民として税金を払ってるなら使わなきゃ損だ。

変な友人より信用できるよ。

調停中にうつ病になった旦那だが、自分から戦争を起こすような事をすれば、負け線になった時に、必ず辛いわけで、最初から頭のいい人は戦争を起こさない。

これをメンタリスト的に言えば、長期的思考を天使的思考といい、短期的思考を悪魔的思考と呼ぶ。

カッとなった。人生終わった。というフレーズがあるが、あれはまさしく短期的思考だからだろう。

カッとなりそうになったら、お腹に力を入れて6秒我慢する。
そうすると長期的な思考をするといい。そうすると怒りがどれだけアホで利益を生産しないか分かる。

命の電話はいろんな技術も教えてくれるから早くみんな利用してみてください。

PHOTO BY pixabay   https://pixabay.com/