第十三回 ヒマな男子高生が大激論! ドラえもんの道具、ひとつもらえるならどれがいい!?

 

 

 

毎年恒例のドラえもんの映画の上映がはじまった。

 

最初(1980年)の『のび太の恐竜』を、物心ついてるんだかついてないんだかな頃に映画館で観て以降、毎年ほぼ映画館で観続けているので、今年の『のび太の月面探査記』もちゃんと観に行きました!

 

藤子・F・不二雄先生が亡くなって以降の映画は、わりと面白かったり面白くなかったりの波が激しいんですが、今年のは当たり! みんなも観に行こう!

 

■男子高生が真剣に考える「ひみつ道具」活用法

 

 

さて、ヒマな男子が延々と熱い議論を交わしがちなのが、「ドラえもんのひみつ道具をひとつもらえるならどれがいいか」問題。

 

まだまだピュアな小学生低学年あたりだと、「どこでもドア」「タケコプター」「タイムマシン」あたりの、まさに「あんなこといいな、できたらいいな」な子どもの「夢」をかなえるための道具をチョイスするケースが多いと思われるが、男子高校生ともなると「あんなこといいな、できたらいいな」の意味合いもだいぶ変わってくる。

 

思春期まっただ中の男が考える「あんなこといいな」はやはりエロ・モテ・金だ。

 

子どもたちに向け、藤子・F・不二雄先生によって生み出された夢いっぱいな道具たちを、いかに邪悪に活用してみずからの欲望を満たすか!? 男子高校生たちは頭をフル回転させるのだ。

 

スタンダードなところだと「とうめいマント」(これをかぶると透明になれる)で女湯に忍び込むとか「キューピッドの矢」(意中の相手を矢で射貫くと両想いに)でモテモテになるとか。

 

……やはり子ども向けだけあって、えげつないエロ・モテに使えそうな道具は少なそうだ。せいぜい、しずちゃんのお風呂をのぞくくらい。

 

てんとう虫コミックス41巻の「恐怖のディナーショー」の回で「赤まむしドリンク」という、いかにもビンビンになれそうな道具が登場しているが、あれが本当に未来の道具なのかどうかは不明。現代でも「あかひげ薬局」で売られてない!?

 

一方「金」の方は、おこずかいに悩む子どもたちにとっても大きな関心事なだけに、金儲けに使えそうな道具はいっぱいある。

 

「『フエルミラー』(鏡にうつした物を増やすことができる)でお金を増やせばいいんだ!」

「いや、鏡にうつしたお金は左右反転しちゃうから使えないよ」

「その左右反転したお金を、さらに鏡にうつせばいいじゃーん!」

「それじゃあ記番号が全部同じになっちゃうから、偽札を疑われちゃう」

 

「『デビルカード』(身長1mmと引き替えに300円が出てくる)と『ビッグライト』を組み合わせれば、無限にお金が手に入るぞ!」

「ちょっと待て、『ビッグライト』の効果って制限時間ないの?」

 

机上の空論どころか、ない道具の活用方法をこんな真剣に考えられるって、ホントにヒマだったんだなぁ。

 

そんなボクたちが、金儲け方面の道具として「コレが決定版」と注目していたのが「フエール銀行」。

 

この銀行にお金を預けておくと、1時間に1割の利息がつくという道具。現実の銀行に1年間定期預金しておいても、0.1%とかしか利息がつかない超低金利時代において、夢のような道具だ。

 

「フエール銀行」に10円を1週間預けておくと、なんと約9000万円にもなってしまう激ヤバさ(複利での資産運用のすごさを思い知らされる)。しかも、貯金をする分にはノーリスク。仮想通貨なんてバカらしく感じる夢の投資案件。ホントに欲しいよッ!

 

果たしてこの道具は、未来の世界でいくらで販売されているものなのか? こんな道具をみんなが使ったらハイパーインフレ必至じゃないのか? この道具から出てくるお金は、もともと道具の中に入っていたものなのか? 道具の中で作り出しているのか!?(偽札じゃないの?)

 

……様々な疑問は浮かんでくるものの、「ない」からそんなに心配する必要はないだろう。

 

その他にも、

 

「『四次元ポケット』があれば、中の道具が全部使い放題だぜ!」

 

とか空気を読まないことを言い出すヤツは絶対にいたし、それに対して、

 

「アレは単なる容れ物だから、『四次元ポケット』単体で手に入れたとしても、中身は空っぽと考えるのが普通だろう」

 

なんてマジレスするヤツもいた。

 

中身がカラッポだったとしても、無限に物を収納できて、(あせっていなければ)自由に取り出すことのできる「四次元ポケット」は、住宅事情に悩む現代人にとってのどから手が出るほど欲しい道具ではあるが。コレさえあれば、断捨離なんて必要ないぜ!

 

■大人になって、本当に欲しい道具は……

 

 

さて、高校生からさらに年を取って、すっかりおっさんになった今でも、ボーッと「ドラえもんの道具があったらなぁ〜」なんて考えてしまうことがある。

 

今となってはエロ・モテ・金よりも、健康、長生き、過去の思い出……などの方が大きなテーマとなってくるが。

 

「どんな病気にもきくくすり」があれば癌だって怖くないし、包んだ物の時間を進めたり戻したりできる「タイムふろしき」があれば、ほぼ不老長寿の身体をゲットしたようなもの。

 

うーん、でもボクが今、一番欲しい道具は「あの頃」に戻って人生をやり直すことができる「人生やりなおし機」かな……。夢がない!

 

 

 

 

 

ナポレオンのメルマガに登録しよう!