第17回 ハグは精神安定剤

 

ぼく、ヒモックマ。

 

女に養ってもらっている白クマの男の子だよ。

 

今日は、ヒモ道(どう)に伝わる48の形(かた)の中で、最も基本とされる「ハグ」について解説しようと思う。押忍!

 

 

そもそも「ハグ」とは、両手で相手を抱きしめて、友好の意を相手に伝える所作である。

 

しかし、ヒモにおいて「ハグ」は、あらゆるシーンで役に立つヒモしぐさのひとつだ。

 

その効果を最大限に発揮してくれるのは、なんと言っても「女がブチギレた時」だろう。

 

「浮気がバレた」「お金を無断で使い込んでいた」「バイトの面接に行かなかった」「雨予報なのに洗濯物を取り込んでいなかった」など、怒らせてしまった理由はさまざま。

 

何が引き金になるかはわからないが、ある日突然「もういい!もうたくさん!もう無理!もう知らない!」とヒステリーは起こる。

 

そんな窮地から、僕らを救ってくれるのは、他でもない「ハグ」だ。

 

 

ヒスって大暴れする彼女に対して、最初にやらないといけないことは、謝ることでも逆ギレすることでもない。

 

まず、「動きを封じること」が最重要事項である。

 

なぜ、動きを封じないといけないのかというと、「身の安全を守るため」だ。

 

ヒスっている時は、興奮状態であるため、とにかく手近にあるものを投げようとする。

 

それが割れやすいお皿であったり、変えたばかりのスマホであったり、鋭利なハサミであったり、そこに値段や危険度は関係ない。

 

とにかく、何もかもイヤになった彼女は、手当たり次第に暴れまわるだろう。

 

そんな時に、高価なものが壊れてしまったり、ケガをしてしまわないために、両手で彼女を力いっぱい抱きしめて、動きを封じる必要がある。

 

そうすることにより、大切なスマホも、高価な家具も、自分も、そして彼女自身も、守ることができるだろう。

 

人間は、危険を察知すると対象物から距離を取ろうとする。

 

しかし実は、相手の懐に飛び込んでいった方が、一番安全なのだ。

 

 

街中でフリーハグをしている若者を、たまに見かけるが、なかなか関心である。

 

あれはきっと、「ハグ」の形を身体に覚え込ませるための反復練習なのだろう。

 

常日頃からハグの練習に勤しみ、いざ女がヒスった時にいつでも素早く動けるように、「ハグ」の形を磨いておくというのは、実に素晴らしい心意気だ。

 

未来ある若者たちには、ぜひヒモ道を継承していってもらいたい。

 

日本の将来は、明るい。

 

 

そして、ハグには「相手の動きを封じる」以外にも、もうひとつ大きな効果がある。

 

それが、「精神を落ち着かせる」である。

 

「もういい!もうたくさん!もう無理!もう知らない!」とヒスっている女性は、いろんなものが「限界」に達してしまっている状態だ。

 

「何がどう限界なのか」という話ではなく、「もう全部無理」なのだ。

 

いわゆる、バーサーカー状態である。

 

明確な「怒りの原因」があるわけではないので、いくら謝ってもムダ。

 

こういう場合は、精神を安定させるしか方法はない。

 

 

精神を安定させるためには、ハグが一番いい。

 

「僕はキミの味方だよ」「どこにも行かないよ」という意思表示になる上に、生身の体温が相手に伝わって、気持ちを穏やかにする。

 

医師の処方箋がいらない無料の精神安定剤だ。

 

この時に気をつけてほしいのは、なんと言いながらハグするかだ。

 

「落ち着いて!」だと、余計に感情を高ぶらせて、逆効果になるケースがある。

 

「ごめんね!」等の謝罪しながらだと、「何に謝ってるわけ?」「本当に悪いと思ってる?」と、火に油を注ぎかねない。

 

では、なんと言いながら抱きしめるのが正しいのか?

 

 

正解は「そんな〇〇ちゃん、見たくない!」だ。

 

これが長年、ヒモ生活をしてきたぼく(ヒモックマ)の答えだ。

 

泣きながら、もしくは涙目になりながらだと、より効果的だろう。

 

ハグをしながら、可能な限りの大声で叫んでほしい。

 

この「そんな〇〇ちゃん、見たくない」のたった一言の中に、いろんなメッセージが込められている。

 

「そんな〇〇ちゃん」という言い方をしているのは、「今、あなた、ひどい状態ですよ」と客観的に自分自身を見させるため。

 

そして、そのすぐあとに「見たくない」という打ち消す言葉をつけることで、「そんな〇〇ちゃん」は「いつものあなたでないことは、ちゃんとわかっているよ。本当のキミはそんな子じゃないよね」と、まだ引き返せることを暗に伝えている。

 

「でも、そんな〇〇ちゃんを見続けたら、ぼくはキミのこと嫌いになっちゃうかもよ…?」というひとつまみの脅しも含みつつ…!

 

 

このようにヒモ生活において、ハグに助けられることはたくさんある。

 

たかがハグ、されどハグ。

 

「ただ、相手を抱きしめるだけでしょ?」と笑うことなかれ!

 

タイミングとセリフによっては、絶大な効果を発揮して、ピンチをチャンスに変えてくれるだけの力は秘めている!

 

あなたも正しいハグをマスターして、ヒモ生活を充実したものにしてほしい!

 

以上、本日の稽古はこれまで! 押忍!

 

 

 

 

ナポレオンのメルマガに登録しよう!