第十五回 妻と別れたくないのに自分を通したいわがまま旦那

 

まさに私の旦那のことですが、私からの約束は何も守りません。音信不通を子供の携帯さえします。

子供が学校でのいじめを相談してる時にガチャ切りするという最悪の恐ろしい旦那です。

その後、8歳の息子は人形を盾にして、父親狩りをするようになってしましました。

 

私が息子でもそうなります。

私は、もう離婚したくて仕方がなく、毎日5通は別れたいとメールしていますが、全てシカトです。

 

一体彼は何がしたいんでしょうか。

 

 

さらに、私たちに1年間生活費を渡してなかったので、私たちはカップヌードルや市民課から頂いた食料などを食べていました。

とても洋服などは買える状況ではなく、本当に貧困を味わいました。

 

しかし、彼のFacebookには余剰食料で子供たちを救おう!などとヒーローめいたタイトルの記事が出されていました。

 

 

もちろん私は気絶寸前です。この世のこんなに偽善者がいるなんて。。。しかも、自分が選んだ相手です。

 

プライドはズタズタでした。

 

私は健康と美のお宅なので、ウエストを絞るためにエクササイズを60分するような女なのですが、これを見てから、うつになり、何もできなくなりました。

 

世の中の男性に聞きたいのは、あなた達がほしいのは、<
いうことを聞く性的に魅力的な生物>であって、妻ではないんじゃないでしょうか。

 

私は、何も失うものはありません。

 

8階から飛び降りないのは、あくまでも息子のためです。迷惑をかけてまで死にたいと思わないタイプだからです。

 

夫達は妻に従順を求めますが、それは、最高にいい男ならありえますが、たかだか数百万程度の男にへこへこしたくないのが妻なのです。

 

そこをご理解していただかないと話が前に進みません。

いいです、旦那さん、あなたの奥様を奴隷化したいなら法則があります。

 

まずは、念入りなセックスと、念入りな花束(こちらが想像を超えるようなものがいいでしょう)、そして、プレゼントを欠かさず、彼女が自分に逆らえないようにするために、彼女にいつも愛してると洗脳しておきましょう。

そうすると、洗脳された妻は、愛されている人を無下に出来ないのでつくし始めます。

 

そして、決定的なのは他の男性とは違うプレゼントを贈るのです。

サプライズとして。

 

それが旅行券であってもいいし、ハンドバッグでもいいのですが、エルメスなんかもらった日は、最高の男と結婚できて良かった!!と、自分で自分を洗脳します。。

男性にとって一番女性が興味がありますが、女性にとっては、一番興味があるのはおしゃれでハンドバッグやヒールやブランドの服なのです。

 

ですから、仏教の教えにもあるように、定期的に嫁には装飾品をプレゼントするとすぐにいい男だ、洗脳できるでしょう。

 

そうです、いい男は定期的にプレゼントを続け、洗脳し続けているのです!!

 

ですから、わがままをしたいなら、洗脳が全てです。

肝心が洗脳をしなくては妻はあなたでは満足しなくなります。

 

気をつけてくださいね。絶対に洗脳することが大事ですからね!