第十五回 モテすぎるとつらい

モテるための奥義、HOW TO本は巷にあふれている。けれども「モテないためになにをすべきか」という情報はどこにもない。そのことに憤りを感じている。モテることはメリットばかりではないし、じっさいに弊害も多岐にわたってくる。考えてみてほしい。思いを寄せてくる男性の99%は好みではないタイプなのだから、当然といえば当然のことなのだ。

好かれることは災害だ。被害者なのに加害者扱いされることがとても多い。古くは学生時代、教師に好かれて過剰なえこひいきを受けた。クラスメイトたちに恵まれていたのでひがまれることはなかった(と思いたい)けれど、気持ちが悪いうえに迷惑千万である。

また妻子がありながら告白してくるバカにおいては土に埋めてしまいたい。勝手にホレて、一方的にメッセンジャーやLINEをよこしてくる。完全ムシを決めこんでも、第二の春とばかりに連絡の手をゆるめない。そのうち妻に見つかって私が泥棒ネコ呼ばわりされるのである。あまりに責められるのでこちらもつい言葉が悪くなってしまう。あんな気持ち悪い人と寝るわけないでしょうと最後のカードを見せると、一様に逆上してけっきょく私は悪者になるのだ。

友達の恋人からの告白もまた難儀なケースだ。中には自分のプライドからか、私が誘ったとかんちがいする人もいる。たとえキアヌ・リーブスからアプローチされたとしても、友人の恋人ならなびかない自信がある。気の多い男とは別れたほうが友人のためだと思うけれど、そんなことを言ったら傷口に塩なので私は口を閉ざす。いいことなど何もない。

求愛や求婚に対して、断わりつづけるのも面倒なことだ。少し親しくなった知人なら、拒否したあとの気まずさも残る。恋愛感情を持たれないようにと過敏になりすぎて、冷淡な態度にでることもあるし、異性には、恋人がいない時期にも「いますよ」と言ってしまう。モテることは、人格をも歪めてしまう。

ストーカーに発展する率も高い。刃物を持って追いかけられて警察沙汰になったり、マンション前で大声を張りあげられて近隣から苦情がきたことも一度や二度ではない。「つきあってくれないなら発狂します」と、頭をカベに打ち続けている動画が送られてきたこともあるけれど、あれからいっさいの連絡は途絶えたのでもしかしたら本当に発狂したのかもしれない。

交際を断っただけで家の前にしばらく大便をされたこともある。成人男性のウンコというのは思った以上に大きい。犬や猫とはちがう。人糞を始末をするのも屈辱で吐き気がするが、肥溜めじゃあるまいし放置しておくわけにもいかない。あれには本当にノイローゼ寸前になった。いざというとき誰かを困らせたいならこの玄関前大便に限るので、頭のかたすみに入れておいてほしい。ほぼ資金ゼロで完全ないやがらせが可能だ。

本物の恋愛がなかなかできないのもモテる人間の悩みのひとつだ。猜疑心が強くなり、本当の愛とは? という哲学的な境地におちいってしまう。人はどうしてこうもカンタンに恋に落ちるのか。そのすべてはただの幻想ではないのか? 売上ナンバーワンと謳われたコピーに購買意欲をそそられるのと同じように、私がモテるからただ好きになったとかんちがいしてるんじゃないんですか? などと逡巡としてその先の一歩が踏みだせない。

不信感といえば、恋人の嫉妬もひどいものになる。モテることは私の本意ではないのに、私が誰かに好かれるたびに恋人がエスカレートして嫉妬の化身となっていく。それを回避するために、「アナタしかいません」というアピールをしなければならず、ついには疲弊してお互いに壊れてしまう。

また、恋人を選ぶのも悩ましい問題である。この年になれば、パーフェクトな男性などいないことも十分わかっている。誰しも一長一短だ。そこからひとりに絞るのもまた骨が折れるし、そうこうしているうちにめんどうになって選択放置ということになる。モテるからといって、必ずしも365日恋人がいるわけではないのである。私は問いたい。モテることに、メリットなどあるのだろうか。

モテないためのハウツー本がないように、「モテて困る」とグチることもなかなかむずかしい世の中だ。がんばってここまで読んだアナタが感じている「なんだ、ただの自慢かよ」と思われるからである。この場を借りて断言しよう。モテて困ることは自慢ではない。ウソである。

今日は、エイプリルフールだ。

とはいえ。なるべくオーバーにならないように、モテる人の心情を妄想しつつ書いてみた。すべてがフィクションというわけではないけれど、つらつらと書いているうちに「もしかしてモテないほうがいいじゃん? 」と思えてきたのでこれからもモテなくていいし、やっぱりキアヌとはつきあいたいです。

今週のWEB

51 Hilarious Pranks For April Fools’ Day

https://www.boredpanda.com/funny-april-fools-pranks/

ということで、こちらはゆかいで楽しい気分にさせてくれる(はずの)

エイプリルフール、51のアイデア集