第十四回 「夢を持ち、夢にザワつく」

 

 

夢とは不思議なもので、持つことが良いとされており、学校教育課程においてはなんでか職業とイコールされ、堅実や市民的であるよりも富に名声に権力に大きければ大きいほどよいといった風潮がみられ夢は従量制かよと思わないでもない価値観にあります。しかしいざ大の大人の階段のぼりがちの頃に決意表明されると人の気持ちをザワつかせる要素があるのはまた夢の側面…皆さんも他人の夢を聞いてザワついたことはありませんか…それは何故、どこからくるのか何由来なのか、いつもの無料教材、ラジオ番組電話人生相談のケースを元に向き合ってみてほしい…。ちなみに私が実際に見たなかでのザワつきドリーム今のところの第1位は子の中学校の発表会「将来の夢」内における多数の「ユーチューバー」「ゲーム実況者」を抑えての「声優とシェアハウス」です。中学生のマジ夢をみた。

 

「夢…その翼…広げて…」(耳だけど)

 

高校卒業したら即プロミュージシャンになると言う年下の彼に同棲を求められているが、どうしたらいいのか、できれば就職をしてほしいと願う20代会社員女性。

 

「彼は部活で音楽やってるの?」

「いえ部活は何も入ってない、外でやってます」

「外?ストリートで?」

「いえ月に3回習いに行ってるくらいです」

 

帰宅部で音楽教室(月3回)通いのゼロ実績プロミュージシャン志望…(ザワ1)。

 

「パートは?なんの楽器?」

「歌です」

 

聴いていた皆になにかの納得感が共有できた瞬間(ザワ2)。

集まらないバンドメンバー募集の永遠の雛形「当方vo.」…。

 

中身がすごくいい人なので結婚はしたいという相談者。

 

「あのねえ、年上が好きな男っているのよ。年上の女って楽なんだよ、解ってくれるし、だから年上の女としかつきあえない男がいるの」

 

男性にはそういう種がいると教えてくれるこの番組はアニマルプラネットか。

 

「なんで同棲で結婚じゃないの?ときっちり聞いてみたら?」

「聞いたことあるんですけどお金が無いからって」

「結婚のお金が無い人が同棲のお金あるワケないんだよ!!!!!!!!!!!」

「アアアアアアなるほどおおおおおおおおおお!!!!!!」

 

相談者が心から開眼する肉声、当番組で聞くことができました。

サリバン先生が浴びせる水の感触に三重苦の少女が電気に打たれたような気づきと学びの瞬間が、いま、ラジオで。

 

話し合おうとすると彼は遠い目になって黙り込むと嘆く相談者。

 

「今は学校あるから食えないと、金貯められてないと?普通の人はねえ、用意できてからプロポーズするんです、それまで言わないものなの!遠い目に騙されちゃだめ!」

 

「19歳だから絵になるけど3、40にもなって遠い目されてごらん???」」

 

「女で男は変わらないの!!!!」

 

回答者もパーソナリティも全員女性回で、女人類皆一度はバンドマンを通るものなのかというほどアー知ってるこの状況知ってるワー、とばかりに経験と共感と教えに富んだアドバイスをキャッキャしながら投げ合ってるのがよかったです。箴言しかなかったこの回、バンドマン通りたい全女性に聞いてほしかった…。

 

息子がせっかく進んだ大学院をやめたい言い始めたという父親より。

 

「息子が大学院に今在籍しておりますですけれどもやめたいという事言いだした訳ですよ泣きながら電話してきて驚いて家族で会うように家に戻らさせまして話聞いたんですけどもその時は1年遅れてもいいから勉強やり直す話したんですよですけれどやはりやめるんだという事で」

 

「大学院やめて何をやりたいと?」

「ユーチューバー、っていうんですかね?」

 

はいはいはい!皆さん落ち着いてください!座ってください!!!!

 

「それで生計立てるんだっていうんですが、まずパチスロでですね2年間位生活してその間にユーチューバーとして生計立てれるようにしていくんだっていう事なんですよ」

 

「本人曰くですけどもパチスロの勝ち方がなにか法則がこう、それを自分は解ったから勝てるんだってこと言うんですよ」

 

読んでる皆さんの年代わからないけど若くても、若かったとしても、内に秘めた親心という抑止力がザワつきと共に発動されてると思うんですけどさあ、どう出る?どう答える?どうすることが正解?貴方のステイタス「親力」の胆力、試されてる…。

とりあえずお母さん、夢はある程度応援したいけど「声優とシェアハウス」及び「勝ちの法則がわかった」言い出した子供は許しませんよ…?