第二回 30歳。気分が高まって男遊びがしたくなるタイミングは2つある

 

 

生理で月の半分は辛い思い。だから、それが終わると…

 

外資系企業に勤務するエリコさん(30歳)が、気分が明るくなって男性と遊びたくなる「恋愛期」に突入するには明確なタイミングがある。1つは生理明けだ。

「生理前にムラムラする人がいると聞きますが私はむしろイライラするだけです。生理中は見た目もボロボロになります。生理の重い女友だちと『月の半分は辛い思いをしているよね』と愚痴を言い合うしかありません。それだけに生理が終わると『やっとセックスできる!』という気持ちになります」

もう1つのタイミングは資格試験が終わったとき。外資系企業に勤めていると様々な試験をほぼ業務として受けなければならない。短期集中で勉強するタイプのエリコさんは試験の1ヶ月ほど前になると禁欲生活に入る。そして、終わって合格の手ごたえをつかめると、やはり遊びたくなるのだ。

ここ数年、エリコさんには格好の遊び道具がある。出会い系アプリだ。登録すると自分の近くにいる異性を写真とプロフィール付きで探せる仕組みで、お互いがボタンで好意を示すとメッセージを送り合えるようになる。

「女性は受け身で大丈夫です。そこそこ可愛ければ、男性からどんどんアプローチが来ますから。そのせいなのか、前は年上好きだった私が年下のマッチョなイケメンとばかり遊ぶようになってしまいました。会話も面白くないと嫌なので、学歴が高くて頭がいい人が自然と多くなります」

 

「女性は相手を選ばなければ簡単にセックスできる」

 

暇なときにアプリを開くとたくさんの男性からの「いいね」が集まっている。まずは見た目だけで選別だ。この段階で10人のうち9人は落としてしまう。残る1人とはメッセージを何度かやり取りする。露骨にセックス目的だったり、言葉遣いが荒かったりすると、エリコさんは容赦なくコミュニケーションを中止する。

それでも何人かとは実際に会う。見た目が好みで、会話も楽しければ、そのままセックスに至ることもある。しかし、彼らはいわゆるセフレではないとエリコさんは主張する。

「お互いの立場を大事にできる関係です。体ではなくメンタルの面でのつながりが強いと私は思っています。男友だちの中に、異性としても見られる人がいる、と言えばいいのでしょうか。セックスはするけれど恋愛感情は生じない場合もあります」

エリコさんは自宅に住まわせていた大学院生のケンジくんと別れたばかり。恋人関係だったわけではなく、海外留学をするまでの住まいに困っていたケンジくんを一時的に受け入れたに過ぎない。もちろん、セックスはしていた。

現在、エリコさんが定期的に会っているのは2人だ。起業家でもある有名私立大学の学生(22歳)と、身長185センチで堂々たる肉体を持つ26歳の医者だ。後者とは出会い系アプリではなく、合コンで知り合って一目惚れした。

「ドイツ人と日本人のハーフらしくて、鼻が高くてちょっとタレ目。服装はヒップポップ系で、お医者さんには見えません。あまりにカッコ良すぎて、私にしては珍しく『1回やれたら満足』と興奮しました」

話も面白いので仲良くなり、いまではセックスもありの友だちだ。一般にはそれをセフレと言う気がするが、エリコさんは「ビッチ自慢の女」と一緒にしてほしくないと強調する。

「男性とは違って、女性は相手を選ばなければ簡単にセックスできます。それをモテていると勘違いしている人は愚かだな、と思いますね」

 

年下のイケメンが懸命に自分をリードしてくれる幸せ

 

厳しい言葉を口にするエリコさんだが、素直でがんばっている年下のイケメン男性にはすこぶる甘い。

「年上の私に甘えかかってくるような男の子は苦手です。むしろ、がんばってリードしてほしい。ご馳走してくれる子もいるんですよ。肌がプリプリでキレイな20代のマッチョイケメンに尽くしてもらうのはすごい幸せです。でも、こんな生活がいつまでも続くわけはないんですけどね……」

筋肉質で高身長で高学歴の20代イケメン。しかも、女性の扱いに慣れている。恋愛市場では頂点に立つスペックだ。自分は遊び相手の一人に過ぎないとわかっていてもエリコさんは彼らを選ぶ。

例外はある。愛用している出会い系アプリで、1日のうちに1人しかアプローチすることのできない機能を使って連絡をしてきた男性だ。

「私のことが相当好きだということなので、普段ならスルーするような年齢や外見の人でも気になることがあります」

厳選したハイスペック男子たちと遊びながらも、エリコさんは心のどこかで唯一無二の愛し合える関係を求めているのかもしれない。ただし、そのタイミングは生理と資格試験が同時に終わったばかりの「今」ではない。

 

※登場人物の名前はすべて仮名です。

 

イラスト:吉濱あさこ http://asako-gaho.com/

 

 

ナポレオンのメルマガに登録しよう!